日本の歯科歴史

歯磨き

今後の動向についての説明

歯科は、このようにして、日本に入ってきたと言われている説が4つあります。この4つについて説明します。まず、中国を経由して漢学の一つとして渡来したと言われています。ポルトガル人、オランダ人によって、南蛮医学として渡来したと言われています。渡来した外国人の歯科医によって直接広がったと言われています。外国に渡った日本人か歯科医学を学び日本に戻って広げたとも入れています。このようや4つの説があり、明治時代以降は、歯科は、他の医学と分けて考えられるようになりました。また、今のような歯科の考えは、1800年にはアメリカで確立されていました。とても、古くから歯は、大切なものとして人々が治療を受けていました。

歯科は、今後どうなっていくのでしょうか。少子高齢化社会によって、高齢者が増え、子供の数がどんどん減っていく中、現在の歯科は、多くあります。そんな中で1人でも多くの患者に来てもらえるように歯科同士の患者の取り合いが激化していくことでしょう。それによって、歯科のサービスが向上していくと予測されます。また、高齢者の増加に伴い、高齢者になっても自分の歯で生活できるように、歯磨きや歯の検診などを行うことで虫歯にならない強い歯になるための啓蒙活動なども盛んに行われることでしょう。また、高齢者で体が不自由な人向けに訪問医療も充実し、歯科医が様々な場所で治療を行っていくと予測されます。サービスや技術力が高いところしか生き残れないようになってくるかもしれません。