高クオリティ動画を簡単に作るには

動画編集には何が必要なのか

動画編集のアプリ・ソフトを選ぼう

動画の場面をカットしたりつなげたり、音楽やテロップ(文字)を入れたりする編集作業は、スマートフォンではアプリ、パソコンではソフトを使って行います。数が多すぎて迷うので、自分が作りたい動画に必要な機能を見極めてそれにふさわしいものを直感で選んでみてください。
ちなみに無料体験版は有料と比べて機能に制限がありますが、初心者はまずこちらから試して、不足があったら検討しましょう。
SNSにアップするのが主な目的なら、スマートフォン用アプリで充分です。どれも使い勝手の良さを重視して作られているので、自分に合いそうなものを比較サイトなどで探してみてはいかがでしょう。
パソコン用の動画編集ソフトは、型の古いカメラやスマホに対応していないものもあるので、ご自分の撮影機材に合うかを確認してください。また、DVD等のディスクにデータ移行できないソフトもあるので、機能面にもご注意を!

魅せる動画を作るためのポイント

初心者でも、見応えがあり周りと一味違う動画を作成できるコツがあります。
実は一番大切なのは、「だいたいこんな感じに」というイメージだけではなく誰(ターゲット)に見せたいのか・何(ネタ)を撮るか・何を伝えるか(コンセプト)を明確にする事です。参考にしたい動画をなるべく多く見て、構成・技術・見せ方を学ぶのも効果があります。
また、始めはあまり頑張らず3分以内に収めてください。沈黙シーンや長い画面など余分な「間」を極力カットすれば、テンポが良く見やすい展開になります。
メインの対象のアングルを変えたりズームアップやスローで見せたり、時にはフィルターをかけたりと画面にメリハリをつけるのも重要です。
テロップ(文字)は読みやすく大きめに、そして話す声は大きくはっきりと。ただしBGMはうるさくなり過ぎないよう、ボリュームをおさえてください。


この記事をシェアする