高クオリティ動画を簡単に作るには

誰もが動画を作れる時代がやって来た!!

知っておきたい機材別メリット

動画撮影で一番ポピュラーなのは、気軽に持ち運べるスマートフォンでしょう。SNS等、短時間でその場の雰囲気を伝えるには最適です!機種によっては非常に精度の高い画像も撮影できますし、スマホ用の三脚・後付けカメラ・マイク等を活用すれば、より高品質な撮影が可能です。撮影設定を操作できる無料アプリもあります。
ハンディビデオカメラは動画撮影用に作られているので、撮りやすさは抜群です。オートフォーカスや手ブレ補正など機能面も充実していて、初心者が最もキレイな動画を撮る事ができる機材です。また、長時間の連続撮影ができるのも大きなメリットでしょう。
そしてコンパクト・ミラーレス・一眼レフ等、写真撮影用デジタルカメラのほとんどに、動画撮影機能も付いています。一眼レフ等の高性能カメラならビデオカメラに劣らぬ画質で撮影できますし、写真も動画も1台でこなせるのが魅力です。

動画データの保存方法あれこれ

動画の保存先として最も身近なのは、何といってもパソコンです。ビデオカメラやスマートフォンのデータはケーブル接続で、USBメモリやSDカード・ディスク類のデータは直接移行できます。なおスマートフォンからパソコンにWi-Fiで移行するには、アプリやソフトが必要です。
DVD・Blu-ray等のディスクはパソコン経由でデータ移行する事になりますが、持ち運びしやすく安価なのが利点です。
USBメモリ・SDカード等のフラッシュメモリ-はパソコンへの書き込みや読み取りが高速かつ便利で、非常にコンパクトなのが特徴です。ただしUSBメモリはコンピューターウィルスを媒介する危険性もあるので、大勢が使っているもの等は注意してください。
最近は、オンラインストレージを利用する人も増えています。インターネット経由でデータを保存・共有できるサービスですが、容量があまり大きくなければ無料のものもあります。


この記事をシェアする