子どもが受けれる矯正

白衣の女性

はじめるタイミングと方法

成長期の子供に行われる歯列矯正のことを小児矯正と呼びます。 ヨーロッパや欧米では歴史も深く一般的な治療法として普及しています。 小児矯正は2段階に分けて治療を行います。 1期治療では顎の大きさやバランスを矯正し、2期治療では歯並びを矯正します。 大人の歯列矯正は抜歯をして花r日を整える場合が多いですが、小児矯正は子供のまだやわらかい顎の骨を生かして治療するため抜歯をせずに歯並びを整えることができるのが特徴です。 また、1期治療で顎の骨を整えることで2期治療の必要がなくなることもあります。 成長が止まってしまうと小児共生が適応されない場合もありますので、なるべく早めに専門の歯科医院を受診することをお勧めします。

小児矯正のメリットと需要

近年、お子様の小児矯正を考える親御さんがとても多いです。 その理由には小児矯正ならではのメリットがあります。 ここでは小児矯正を行うメリットをいくつか紹介します。 まず一つ目は、仕上がりの良さがあげられます。 顎の成長途中での治療は顎のバランスが整えやすくその後の治療もスムーズです。 二つ目は、生え方の悪い永久歯の数を減らすことができることです。 小児矯正は乳歯の抜ける時期をコントロールします。 それにより永久歯を正しい方向に生えるよう促します。 三つ目は、顎の変形の悪化を防ぐことです。 成長期にバランスの悪い噛み合わせの状態が続くと顎の変形を益々悪化させてしまいます。 それを防ぐことで歯列矯正がスムーズに行えます。 この他にも様々なメリットがあります。 お子様の小児矯正を考えている人は是非参考にして下さい。